エリアレポート

このコーナーでは、ミュージアムを愛するレポーターからの投稿記事をご紹介します
エリアレポーター募集中! あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?
取材:2017年10月6日 
ぼんやりと見つめていると、自分の心の中にある感情や情景が浮き上がってくるような気がします...by 松田佳子
取材:2017年10月5日 
海外では“The Great Wave”で親しまれている北斎。北斎の大波をモチーフにした商品が多く生産され...by 胤森由梨
取材:2017年10月2日 
展示作品すべてが国宝!豪華すぎて夢のような展覧会が京都国立博物館でいよいよスタートしました...by 白川瑞穂
取材:2017年9月19日 
質を均一化した狩野元信。グループ化、効率化、受注拡大、ビジネスのヒントがみつかるかも...by コロコロ
取材:2017年9月29日 
人形浄瑠璃文楽と朝鮮通信使。大阪が誇る二つの文化遺産を館蔵品で展観します...by 白川瑞穂
失われゆくシルクロードの遺跡をクローンとして蘇らせたプロジェクトです...by 松田佳子
取材:2017年8月9日 
幅広い収集品は、異文化を正確に伝えたいというシーボルトの願いからきています...by 胤森由梨
取材:2017年8月21日 
幸せな場所には必ず色彩があり、色彩のない場所には生物は住めないと語る...by 胤森由梨
取材:2017年7月21日 終了
怪談にお化け屋敷、絶叫マシーン・・・怖いものはお好きですか?...by 白川瑞穂
取材:2017年7月28日 終了
2015年に創建1250周年を迎えた西大寺。記念事業の一環として開催されている展覧会...by 白川瑞穂
取材:2017年7月21日 終了
謎の多い画家ですが、尾形光琳をはじめファンが多い雪村。過去最大規模の回顧展です...by 胤森由梨
取材:2017年7月14日 終了
入り口が3つあり、700を超える島々と複雑な海底地形を持つ瀬戸内海には、多様な生物が生息しています...by 胤森由梨
取材:2017年7月7日 終了
故ダイアナ妃の執務室に吉田の版画が飾られていたことが知られている為、版画家と思われることが多いかも...by 松田佳子
取材:2017年7月17日 終了
約四半世紀ぶりに来日した「バベルの塔」。ウィーン美術史美術館にある「バベルの塔」と比較してご紹介...by 胤森由梨
取材:2017年6月5日 終了
「画壇の悪魔派」と揶揄されながらも、画壇の改革を起こそうと奮闘したのが、今回の主人公、北野恒富...by 胤森由梨
取材:2017年6月3日 終了
写実のための必要品だった絵画は、正確に記録できるカメラが発明されることによりその意義が問われてきました...by 松田佳子
取材:2017年5月19日 終了
ボスの世界観は諸外国に知れ渡るほど人気を博し、ブリューゲルを始め多くの画家がボスを真似た作品を作りました...by 胤森由梨
取材:2017年5月4日 終了
世界幸福度で常に上位にランキングされているデンマーク。日常を過ごす家具や調度品はどのようなものでしょうか。...by 松田佳子
コンセプチュアル・アートの旗手。ユーモラスな作品ばかりで、思わず笑みがこぼれます。...by 胤森由梨
取材:2017年4月25日 終了
穀物などを蒸す甑(こしき)。穴の開け方には地域性があります...by 胤森由梨
中村屋の創業者夫妻に庇護された中村彜。相馬家の長女、俊子との結婚は叶わずに...by 松田佳子
取材:2017年4月21日 終了
長い年月をかけて形造られ、現代の私たちの目の前に美しく不思議な姿で現れる鉱物や化石...by 白川瑞穂
取材:2017年4月14日 終了
近代日本の貿易拠点であった横浜市にある美術館と、京都服飾文化研究財団(KCI)がコラボした...by 松田佳子
取材:2017年4月7日 終了
木の仏像にはどれも温かみがあって、表情も柔らかく、とても穏やかな気持ちにしてくれます...by 白川瑞穂
取材:2017年4月3日 終了
かたや冷静で、かたや情熱的な対照的な二人は描くテーマも大きく異なっていますが、...by 胤森由梨
取材:2017年3月17日 終了
大藤範里氏が50年にわたって収集してきたコレクション。お気に入りの一品を探してみました...by 胤森由梨
取材:2017年3月18日 終了
20世紀を代表するふたりの巨匠。共通する友人が多く存在していたものの、親しく交わることは...by 松田佳子
取材:2017年3月13日 終了
日本画と洋画、同じ時代を生きた芸術家として、お互いに影響を受けないはずはありません...by 松田佳子
国内過去最大規模の原画展。会場にはビアトリクスの部屋を再現した展示スペースもあります...by 胤森由梨
他に見たことのない独自のの世界観なのに、なぜか親しみを感じるのは、画家と日本との距離感が近いからでしょうか...by 白川瑞穂
取材:2017年1月27日 終了
ちょっぴり不気味、なんだかよくわからない。妖艶だけど、濃厚というよりはドライで冷たい誘惑の眼差しに捉えられ...by 白川瑞穂
京都で悉皆屋(呉服のプロデューサー)を営む裕福な家庭に生まれ育った梅原龍三郎(1888-1986)。若干20歳で渡仏し...by 胤森由梨