野生展:飼いならされない感覚と思考

最後は爆笑です

現代の生活には無縁のように思える「野生」。ただ、野生は私たちに内在する本能であり、その感覚が失われる事はありません。展覧会ディレクターに思想家・人類学者の中沢新一さんを迎え、現代のクリエイターたちが表現する野生を紹介する展覧会が、21_21 DESIGN SIGHTで開催中です。

  • 会場
  • 《丸石神》奥壁面写真:遠山孝之
  • 青木美歌《Between You and I》《あなたに続く森》
  • ステファニー・クエール《Old Boar and Orangutan》
  • 田島征三《獣の遠吠え》
  • エルンスト・ガンペール《139/08//200》《85/2008//250》《51/2005//230》
  • 渡邊拓也《道具と作ることのインスタレーション -case1-》
  • 黒田征太郎《無題》
  • しりあがり寿《野生の現出》

テーマである「野生」について、「私たち人間の内に潜み、『まだ飼いならされていない心の領域』こそが、今まさに大切になってきている『野生』のすみかである」と説明する中沢新一さん。展覧会のテーマとしては、やや敷居が高く感じられそうですが、作品はそれほど難解ではありません。事前にあまり構えないほうが、楽しんでいただけると思います。

参加作家は青木美歌、井上嗣也、aircord、大森克己、エルンスト・ガンペール、ステファニー・クエール、黒田征太郎、しりあがり寿、鈴木康広、田島征三、立花文穂、遠山孝之、西村裕介、渡邊拓也の各氏。クリエイターの作品以外に、縄文土器からキティちゃんに至る「野生の依り代」なども展示されています。

会場


ここでは、3つの作品をご紹介しましょう。

板から生えているように見えるのは、モクレンの実。絵本作家で美術家の田島征三さんは、モクレンの実に野性的な魅力を感じ、巨大な作品《獣の遠吠え》を作りました。

器のような木の塊は、エルンスト・ガンペールさんの作品。ウッドターニング(高速で回転する刃で木材を削る技法)で、樹齢200~250年の樹から掘り出しました。静謐な作品ですが、木に内在する野生が剥き出しになったようにも見えます。

イラストレーター・グラフィックデザイナーの重鎮である黒田征太郎さんは、ホテルのメモ用紙などに描かれたスケッチを出展。あまりにも膨大な量のスケッチは、黒田さんの内なる野生が描かせているとしか思えません。

順に田島征三さん、エルンスト・ガンペールさん、黒田征太郎さんの作品


会場の最後は、しりあがり寿さんの作品。野生から「秩序らしきもの」が現れる瞬間を表現した、という映像作品です。果たして「秩序らしきもの」とは…、爆笑必至です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年10月19日 ]

『野生の思考』 2016年12月 (100分 de 名著)『野生の思考』 2016年12月 (100分 de 名著)

『野生の思考』 2016年12月 (100分 de 名著)

NHK出版
¥ 566


ツイートをみる

 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2017年10月20日(金)~2018年2月4日(日)