特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-

受け継がれるDNA

2014年に開催された「超絶技巧!明治工芸の粋」展。海外輸出用に作られた精緻な作品の数々は、大きな話題となりました。第2弾の今回は明治工芸とともに、DNAを受け継ぐ現代アートも紹介。100年の時を超えた、超絶技巧のコラボレーションです。

  • (左奥から)自在《蛇》明珍 清水三年坂美術館 / 現代作家《自在蛇骨格》満田晴穂
  • 現代作家《一刻:皿に秋刀魚》前原冬樹
  • 現代作家《Arcadia》稲崎栄利子
  • (左奥から)現代作家《往来~丸の内》山口英紀 / 現代作家《右心房左心室》山口英紀
  • (左から)七宝《波濤鷹図盆》濤川惣助 清水三年坂美術館 / 七宝《舟鷺図皿》濤川惣助
  • 自在《飛鶴吊香炉》高瀬好山
  • (左奥から)刺繍絵画《大工図刺繍額》昇竜 清水三年坂美術館 / 刺繍絵画《瀑布図刺繍額》十二代 西村總左衛門 清水三年坂美術館 (展示期間:ともに 9/16-10/29)
  • (左から)現代作家《ピンクドラゴン》佐野 藍 / 現代作家《Python xxx》佐野 藍
  • (中央)現代作家《流刻》本郷真也

主に外貨獲得を目的にしていたという事もあり、それまでの美術史ではあまり注目される事がなかった明治工芸。前回展で紹介された驚くほど細やかな工芸品の数々は、美術ファンの注目を浴びました。

3年ぶりに開催される本展では、現代美術の超絶技巧も展示。明治の工人と同様に、超人的な技術で作品を生み出している現代の作家が紹介されます。

前室から展示室1では、さっそく明治工芸と現代作品が競演。ともに一木造りの‘釣瓶+蛙’と‘皿+魚の骨’など、比べて鑑賞できるのがポイントです。

前室~展示室1


広い大きな展示室4では、明治工芸のみを展示。七宝の並河靖之は、今年、大規模な展覧会が開催されましたが、ここでは濤川惣助も展示されています。「ふたりのナミカワ」は、ともに帝室技芸員でライバルでした。

柴田是真も帝室技芸員ですが、高い技術を用いたユニークな作風が持ち味。刀で刻んだ木目、蒔絵で描いた年輪と、変幻自在です。

独立ケースでは、前回展でも注目を集めた安藤緑山による牙彫。色合いも含めて本物そっくりです(補足ですが、安藤緑山の全盛期は明治ではなく大正~昭和初期です)。

展示室4


展示室5では、自在に注目。金属製のパーツをつなぎ合わせ、可動式の動物や昆虫などを作った自在。明珍派の甲冑師によって始められました。

明治工芸以来の技法を受け継いだ《自在十二種昆虫》は、明治工芸では動かなかった部分も可動式に。《自在蛇骨格》は0.1ミリ単位で背骨の大きさを調整して、なめらかに動きます。ともに満田晴穂さんの作品です。

展示室5


最後の展示室7には、現代作家の作品がずらり。明治工芸でも見られる七宝や木彫などに加え、アルミニウム鋳造による花、大理石から彫り出したドラゴン、ガラスで象った水入りのビニール袋と、現代的な素材を用いた作品も並びます。

明治工芸の時代からざっと100年離れていますが、同じ会場で展示されていても意外なほどしっくりきます。先人の思想が脈々と息づいているさまは、嬉しく思えました。

展示室7


少し先になりますが、本展も全国巡回。東京展の後は、岐阜県現代陶芸美術館(2018年6月30日~8月26日)、山口県立美術館(2018年9月7日~10月21日)と進みます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年9月20日 ]

東京美術館案内東京美術館案内

昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
¥ 1,296


驚異の超絶技巧! に関するツイート



 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2017年9月16日(土)~12月3日(日)