開館120周年記念特別展覧会 海北友松

初期から晩年まで、空前絶後の友松展

1897(明治30)年に帝国京都博物館として開館した京都国立博物館。開館120周年のメモリアルイヤーを飾る春季特別展は、桃山画壇の巨匠・海北友松(かいほうゆうしょう:1533-1615)です。初期作から代表作まで、史上最大規模の作品・資料で友松の生涯と画業に迫ります。

  • 重要文化財《雲龍図屏風》京都 北野天満宮
  • 《菊慈童図屏風》岡山 由加山蓮台寺
  • 《柏に猿図》米国 サンフランシスコ・アジア美術館
  • 狩野永徳筆 国宝《琴棋書画図襖》京都 聚光院
  • 重要文化財《竹林七賢図》京都 建仁寺
  • 重要文化財《花卉図屏風》京都 妙心寺
  • 重要文化財《寒山拾得・三酸図屏風》京都 妙心寺
  • 《雲龍図屏風》京都 勧修寺
  • 《月下渓流図屏風》米国 ネルソン・アトキンズ美術館

海北友松の名が画壇に出たのは、60代になってから。武門だった海北家の再興を目指していたため、画家としては遅咲きですが、その画業は京都の名だたる寺院をはじめ、天皇や宮家にも及ぶなど華々しく、狩野永徳や長谷川等伯とも並び称される実力者です。

本展では、これまではあまり紹介されなかった50代以前の作品も紹介。さらに、友松が多くの障壁画や屏風絵、掛幅を描いた建仁寺の作品など、代表作が続々と続く贅沢な構成です。

会場入口から


第7章は豪華絢爛。京都・妙心寺に納めた三双の屏風が揃って展示されています。

《花卉図屏風》《寒山拾得・三酸図屏風》《琴棋書画図屏風》で、いずれも金地濃彩。一般的な屏風絵と比べて25cmほど背が高い事もあり、華やかな雰囲気が強調されます。

珍しい資料として《屏風画料請取状(妙心寺宛)》も展示されています。友松から妙心寺に宛てた領収書で、現在の価格だと三双で約236万円。車を買える人なら手が出そうな、相当なお値打ち価格です。

第7章「横溢する個性 ─ 妙心寺の金碧屏風 ─」


一転して、第8章は大迫力。展示室が龍に囲まれています。

龍は友松の十八番。建仁寺には障壁画、北野天満宮や勧修寺には屏風、掛幅も何点か描いています。その名声は隣国の朝鮮まで響いており、朝鮮高官の書状にも賛辞が述べられるほど。ワールドクラスの迫力を堪能してください。

第8章「画龍の名手・友松 ─ 海を渡った名声 ─」


見どころが多い展覧会の中でも、特に見逃せない作品は最後に登場。1958(昭和33)年に米国のネルソン・アトキンズ美術館の所蔵となって以来、一度も帰国した事がなかった友松最晩年の傑作《月下渓流図屏風》が、60年ぶりに里帰りしました。

友松の水墨画は、前半期は気迫に溢れていましたが、年齢を重ねるにつれて静かで穏やかな画風に。その境地ともいえるのがこの作品です。朧月に照らされる、雪解けの渓流。詩情豊かな画面、せせらぎの音が微かに聞こえてくるように感じられます。

《月下渓流図屏風》米国 ネルソン・アトキンズ美術館


友松作品は16件が重要文化財に指定されていますが、本展ではその全作品が公開されるなど、まさに空前絶後の海北友松展。ただし会期はわずか36日、しかも京都のみです。お見逃しなく。

※会期中に展示替えがあります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年4月10日 ]

聚美 Vol.23聚美 Vol.23

聚美社 (編集)

学研プラス
¥ 2,700


京都国立博物館 海北友松 に関するツイート



 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2017年4月11日(火)~5月21日(日)