ターナー 風景の詩(うた)

イギリスの国民的画家、120点が一堂に

イギリスを代表する画家、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775~1851)。巧みな技術で空気まで描くような風景画は、後の芸術家にも多大な影響を与えました。約120点の作品で、あらためてターナーの魅力に迫る展覧会が、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中です。

  • (左から)《アベルディライス水車、グラモーガンシャー》1796-97年頃 アベリストゥイス、ウェールズ国立図書館 / 《タウンリー・ホール》1799年 バーンリー、タウンリー・ホール・アート・ギャラリー博物館群
  • (左から)《カンバーランド州のコールダー・ブリッジ》1810年展示 郡山市立美術館 / 《ソマーヒル、トンブリッジ》1811年展示 エディンバラ、スコットランド国立美術館群
  • (左から)《インヴェラレイ城の見えるファイン湾》1802-05年 山梨県立美術館 / 《シドマス、デヴォン》1825-27年 マンチェスター大学、ウィットワース
  • (左から)《ヘレヴーツリュイスから出航するユトレヒトシティ64号》1832年展示 東京富士美術館 / 《ル・アーヴル》1832年頃 ダンディー・シティ・カウンシル(ダンディー美術博物館群)
  • (左から)《20ヴィニェットのうちの1点―キャンプ・ヒルにて、ヘイスティングス近く》1835年頃 エディンバラ、スコットランド国立美術館群 / 《20ヴィニェットのうちの1点―バルト海の戦い》1835年頃 エディンバラ、スコットランド国立美術館群
  • (左から)《オステンデ沖の汽船》1840-41年頃 ポート・サンライト、リヴァプール国立美術館群、レディ・リーヴァー・アート・ギャラリー / 《マーゲイトの浜辺の眺め》マンチェスター大学、ウィットワース
  • (左から)《ローマ 左岸にアヴェンティーノの丘のあるテヴェレ川》1794-97年 エディンバラ、スコットランド国立美術館群 / 《ヴェスヴィオ山とサン・サルヴァトーレ修道院》1794-97年 エディンバラ、スコットランド国立美術館群
  • (左から)《モンテ・マリオから見たローマ》1820年 エディンバラ、スコットランド国立美術館群 / 《マインヘッドとダンスター城、サマセット》1818年頃 ポート・サンライト、リヴァプール国立美術館群、レディ・リーヴァー・アート・ギャラリー
  • (左から)《サヴォワの情景》1802-20年 ウルヴァーハンプトン・アート・ギャラリー / 《ノイハウスの船着場から見たトゥーン湖、スイス》1802年 マンチェスター大学、ウィットワース

2020年から英国で使われる新20ポンド紙幣に、チャップリンなどを抑えて採用される事が決まったターナー。まさに国民的な画家といえる存在です。夏目漱石の小説にしばしばその名が登場するなど、日本でも古くから親しまれています。

展覧会はジャンル別の4章構成で、第1章「地誌的風景画」から。地誌的風景画とは、場所が特定できるような、特徴的な地形を描いた風景画の事。測量技術の進歩にともない、18世紀の英国で流行し、ターナーも英国中を旅して描いています。

第2章は「海景 ─ 海洋国家に生きて」。七つの海を支配した海洋国家・英国。人々は海に親しむと同時に、海に対して尊敬の念も持っていました。ターナーの海景画には帆船と蒸気船が登場しますが、ちょうど両方の輸送形態が混在していた時代です。

第1章「地誌的風景画」、第2章「海景 ─ 海洋国家に生きて」


第3章は「イタリア ─ 古代への憧れ」。ターナーは1819年から1820年にかけてローマを訪問。古代遺跡をはじめ重厚な建築が数多く残る風景は、ターナーを魅了しました。現地でスケッチを描き、帰国後に水彩画にしています。

第4章「山岳 ─ あらたな景観美をさがして」。現在の感覚ではやや意外に思えますが、絵画の対象として「山」が意識されるのは、ずいぶんあと。ターナーが属するロマン主義以前には、ほとんど描かれませんでした。ターナーが山を積極的に描くようになったのは、1830年代からです。

第3章「イタリア ─ 古代への憧れ」、第4章「山岳 ─ あらたな景観美をさがして」


図録では5章で紹介されている版画作品は、会場の各所で展示されています。800点以上の銅版画を残したターナー。ターナーの指導は厳しく、彫版師としばしば口論になるほどでしたが、その成果もあって、極めて質の高い版画作品が残されています。

展覧会は北九州から始まり、東京展が3館目。最後に郡山市立美術館に巡回します(7/7~9/9)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年5月8日 ]

もっと知りたいターナー:生涯と作品もっと知りたいターナー:生涯と作品

荒川裕子(著)

東京美術
¥ 2,160

料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

ツイートをみる

 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2018年4月24日(火)~7月1日(日)