ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス

キュビスムの巨匠、最晩年の境地

ピカソと並ぶキュビスムの創始者、ジョルジュ・ブラック(1882-1963)。キュビスムは美術史に残る革新的な概念ですが、ブラックがキュビスムに没頭していたのは画業の一時期。幾度かの変遷の末、最晩年に取り組んだのが「メタモルフォーシス」シリーズです。この時期の作品を日本で初めて大々的に紹介する展覧会が、パナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。

  • ドラマチックな会場
  • (左から)《楽譜のある静物》1927年 香川県立美術館蔵 / 《静物》1911年 ストラスブール近現代美術館蔵
  • (左から)《ペリアスとネレウス》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 / 《ティリア》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵
  • (左から)《ペルセポネ》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 / 《ヘカテ》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵
  • (左から)《アケロオス》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 / 《ペリアスとネレウス》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵
  • (左から)《メソポタミアとボレアダイ》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 / 《メソポタミアガイア》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 / 《アタランテ》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵
  • (左から)《青い鳥》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 / 《ティトノス》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵
  • (左から)《ティリア》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 / 《ペルセパタ(ペルセポネ)》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵
  • (左から)《青い鳥、ピカソへのオマージュ》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 / 《アイグレー》サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵

フランスのサン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック-メタモルフォーシス美術館の所蔵作品を中心に紹介する本展。まず序章では、ブラックの画業の変遷を辿ります。《モンソー公園》は、現存するブラックの最初の作品。《静物》は分析的キュビスムの作品です。

続いてメタモルフォーシス、まずは平面作品です。

メタモルフォーシスは、古代ローマの詩人オウィディウスによる『変身物語(原題:メタモルフォーシス)』からの着想。神々が変身していく同著にならい、個々のモチーフが技法や素材を変えながら「変容」していきます。

平面作品は1961年から1963年に作成。これらがメタモルフォーシスの根幹といえ、後にさまざまな立体作品にかっていきます。

序章、1章「メタモルフォーシス 平面」


2章「陶磁器」からは、会場も一変。暗い展示室に立体作品が浮かび上がる、ドラマチックな構成です。

《ペリアスとネレウス》《ペルセポネ》などは、1章の平面作品で描かれていたモチーフ。皿やピッチャー、壺など陶磁器作品に、そのままのかたちで登場します。

展示されている陶器作品の大半は、ブラックによる原案をもとにニースの陶器工房で制作されたものです。

2章「メタモルフォーシス 陶磁器」


本展最大の見ものが、3章「ジュエリー」。1961年に、ブラックがジュエリークリエイターのエゲル・ド・ルレンフェルドに依頼して制作がスタート。ブラックの構想が、豪華な貴石を用いて表現されています。

これらの作品を絶賛したのが、フランスの文化大臣だったアンドレ・マルロー。ブラックをかねてから敬愛していたマルローは、作家存命中の展覧会開催を計画し、1963年の3~5月に「ブラック・ジュエリー展」が開催、大きな反響を呼びました。ブラックは展覧会の3カ月後に亡くなっています。

3章「メタモルフォーシス ジュエリー」


4章は「彫刻」。平面から立体へ、の流れは、彫刻作品にも及びます。金属、鉱石、ガラスなど、素材も多彩です。

5章は「室内装飾」。もともと、ペンキ屋の家に生まれたブラック。少年時代には装飾画家としての修行も積んでいます。メタモルフォーシスでも、装飾パネル、モザイク、タピスリーなども手掛けました。

4章「メタモルフォーシス 彫刻」、5章「メタモルフォーシス 室内」


作品を見てわかるように、鳥のモチーフを好んだブラック。5/7、5/15、5/24、5/28、6/4、6/11に来館すると、ブラックの鳥モチーフポストカードがプレゼントされます。各日先着200名のみ、お早目にどうぞ。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年4月27日 ]

ジョルジュ・ブラック―絵画の探求から探求の絵画へジョルジュ・ブラック―絵画の探求から探求の絵画へ

ベルナール・ジュルシェ(著)

未知谷
¥ 4,320

料金一般当日:1,000円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

ツイートをみる

 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2018年4月28日(土)~6月24日(日)