墨と金 ― 狩野派の絵画 ―

漢も倭も、自由自在

長きにわたり、日本における絵画の頂点に君臨した狩野派。中国由来の水墨を基本としながらも、やまと絵の彩色も導入し、屏風における金の存在感を強めたのも狩野派です。2018年の根津美術館は「Ink and Gold」からスタートです。

  • 《両帝図屏風》狩野探幽筆 江戸時代 寛文元年(1661)
  • (左奥から)《観瀑図》 伝狩野正信筆 室町時代 16世紀 小林中氏寄贈 / 重要文化財《観瀑図》芸阿弥筆 月翁周鏡ほか二僧賛 室町時代 文明12年(1480)
  • 《養蚕機織図屏風》伝狩野元信筆 室町時代 16世紀
  • 《猿曳図屏風》伝 狩野元信筆 室町時代 16世紀(展示期間:1/10-1/28)
  • 《山水花鳥図屏風》狩野尚信筆 江戸時代 17世紀(展示期間:1/10-1/28)
  • (左手前から)《林檎鼠図》「元信」印 室町時代 16世紀 / 《山水図》「元信」印 室町時代 16世紀
  • 《舞楽図屏風》久隅守景筆 江戸時代 17世紀
  • 《梟鶏図》狩野山雪筆 江戸時代 17世紀
  • 《源氏物語図屏風》桃山~江戸時代 17世紀(展示期間:1/10-1/28)

室町時代に重用された唐物(中国由来の文物)。狩野元信は、中国人画家の作品に基づく筆用(画家のスタイル)を整理し、真・行・草の三つの画体を創りました。

狩野派は、時の権力者と強い結びつきがありました。為政者が求めた作品も多く、展覧会メインビジュアルの狩野探幽《両帝図屏風》も、中国の皇帝が画題です。豪華な画面には金箔、金泥、金砂子と、多彩な技が使われています。

もともと金を使った屏風は、やまと絵にみられた手法です。記録に残る狩野派による初の金屏風制作は、明の皇帝への献上品でした(戦国大名の大内義隆が狩野元信に発注したものです)。

中国由来の水墨画を整理し、日本風の画材である金を使って、中国に献上した元信。本朝画史(江戸時代に書かれた日本初の画人伝)に「漢にして倭(和)を兼ねる」と称される所以です。

展示室1


展示室2の主役は京狩野。徳川幕府の御用絵師となった探幽による江戸狩野に対し、京都に残ったのが京狩野です。

久隅守景は探幽の門下生。比較的、淡泊な江戸狩野に対し、濃厚な表現は京狩野の特徴です。よく見ると、顔の部分に胡粉が盛り上げられているのは、京狩野の影響でしょうか。

狩野山雪《梟鶏図》は、夜の梟(フクロウ)と朝の鶏を対比させた作品です。ともに、目線は上方をギョロリ。特にフクロウの表情がユーモラスです。

展示室2


展覧会は2月12日(月・祝)までですが、一部の作品は展示替えがあります。テーマ展示では、新年恒例の《百椿図》も出陳中です(展示室5)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年1月9日 ]

美術展完全ガイド2018美術展完全ガイド2018

 

晋遊舎
¥ 1,080


ツイートをみる

 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2018年1月10日(水)~2月12日(月)