MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-

ももクロも大コーフン

バシリスクになって水上を走る、鎧をつけてダンゴムシになる…。動物を観察するのではなく、自分が動物になって体感するというユニークな企画展が日本科学未来館で開催中。子どもはもちろん、大人も思いっきり楽しんでください。

  • 会場
  • 「ワンダー・ジャングル」バシリスクになって水上を走れ!
  • 「ミラクル・サバンナ」ライオンになって獲物にとびかかれ!
  • 「スモール・ガーデン」鎧をつけてダンゴムシになろう
  • 「サバイバル・オーシャン」ペンギンになって氷をすべりぬけろ!
  • 「サバイバル・オーシャン」
  • 「巨大図鑑」
  • 「生きものギア・センター」
  • 内覧会に登場した、応援団の「ももくろちゃんZ」

企画展は、講談社が発行している【動く図鑑「MOVE」】との連動したもの。「MOVE」は写真やイラストに映像を使ったDVDを連動させた図鑑で、現在までに17冊を刊行、累計で270万部を発行している人気シリーズです。

会場は「MOVE」の世界観をベースに、五感で生きものの知恵や技術が体感できるような構成です。

例えば「ワンダー・ジャングル」では、水の上を軽やかに走る爬虫類・バシリスクにならって、水の上をダッシュする体験が可能。もちろん、本当にやると沈んでしまうので、種を明かすと、水の上に透明のビニールが貼られており、その上を走ります。実際に試してみると、なかなかリアル。楽しい体験を知識への興味に繋げてもらおう、という狙いです。

他にはライオンになって狩りに挑む「ミラクル・サバンナ」など、4種類の「なれる体験」を用意。さらに、スカンクの匂いやサイのうんちなど、子どもが喜びそうな仕掛けが揃っている「巨大図鑑」(求愛ダンスゲームもできます)、生きものの特徴的な部位を装着できる「生きものギア・センター」などもあり、たっぷりと楽しむ事ができます。

企画展の応援団には、ももくろちゃんZ(幼児向け知育番組『ぐーちょきぱーてぃー』での、ももいろクローバーZの別名義)が就任。報道向けの内覧会では、体験展示にトライして、大いに盛り上がっていました。



さらに平日の50日間限定で、肉食恐竜「ラプトル」も出現中。これは体験型の恐竜ライブショー「DINO-A-LIVE」で、リアルな恐竜が生きているかのように動き回り、荒々しく襲いかかってきます。登場スケジュールが決まっていますので、公式サイトの「スペシャル」ページでご確認ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年11月28日 ]

動物 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE) 動物 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)

山極 寿一 (監修)、 講談社 (編集)

講談社
¥ 2,160


MOVE 生きものになれる展 に関するツイート



 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2017年11月29日(水)~2018年4月8日(日)