[2018年01月12日]

ハンガリー高級磁器「ヘレンド」、190年のあゆみを展観 ── パナソニック 汐留ミュージアム

パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」

2018年1月12日(金)、東京・港区のパナソニック 汐留ミュージアムで「ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」のプレス向け内覧会が開催された。

ハンガリーを代表する高級磁器窯、ヘレンドの歩みを紹介する企画展。

ヘレンドは1826年に創設され、ハプスブルク家の保護を受け「オーストリア帝室・ハンガリー王室御用達」として発展。

19世紀後半には万国博覧会へ積極的に出品して好評を博し、大英帝国のヴィクトリア女王からのディナーセットの発注や、フランスのナポレオン三世妃ウージェニーの買い上げなどにつながっていった。

展覧会では開窯初期から現代の製品までおよそ150件、約230点(前後期あわせて)を展示する。

「ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」はパナソニック 汐留ミュージアムで、2018年1月13日(土)~3月21日(水・祝)に開催。観覧料は一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中・高校生 500円、小学生以下は無料。