[2017年12月01日]

人体研究の歴史と最先端を紹介「特別展 人体」 ──国立科学博物館で来春開催

国立科学博物館「人体 ー神秘への挑戦ー」記者発表

2017年11月30日(木)、東京・上野の国立科学博物館で「人体 ー神秘への挑戦ー」の記者発表会が開催された。

現在放送中のNHKスペシャル「人体~神秘の巨大ネットワーク~」と連携し開催される展覧会。

人体の研究が大きく進歩したルネサンス時代から、現代にいたるまで、研究の歴史を様々な資料で振り返る。ルネサンス期ではレオナルド・ダ・ヴィンチの手稿や、ヴェサリウスの記した詳細な解剖図譜「ファブリカ」、江戸時代に蘭学を学ぶためにオランダから購入した詳細な人体模型のキンストレーキなどが展示される。

また、最先端の研究により明らかになった体内の世界を4K映像で展示、人体研究の最先端の世界をわかりやすく紹介する。

「人体 ー神秘への挑戦ー」は国立科学博物館で、2018年3月13日(火)~2018年6月17日(日)に開催。観覧料は一般 1,600円、小・中・高校生 600円。