[2017年08月14日]

「南方より、伊東深水から」展で、「お茶」がテーマのレクチャー&テイスティング ── 小金井市立はけの森美術館

「南方より、伊東深水から」展で、「お茶」がテーマのレクチャー&テイスティング ── 小金井市立はけの森美術館

「南方より、伊東深水から―市川市所蔵「南方風俗スケッチ」」展が開催中の小金井立はけの森美術館で、「お茶」をテーマにしたユニークな企画が開催される。

展覧会は、日本画家・伊東深水が従軍中に東南アジアで描いた《南方風俗スケッチ》を紹介するもの。

企画は、画家達が南方を体験していた時期、国内はどのような状況だったのかを「お茶」を通じて覗いてみる試み。

併せて日常の中で実践できる気軽なお茶の楽しみ方のポイントも、実践を通じて学ぶ事ができる。

日程:2017年8月26日(土)13:00-15:00
対象:12歳以上
定員:20名(申込み多数の場合抽選)
参加費:無料
講師:馬場章夫(愛国製茶株式会社代表取締役 社長、全茶連主催「日本茶鑑定士」)

申し込みは名前・年齢(学年)・電話番号・返信先(Eメールアドレス・FAX番号・住所のいずれか)を明記のうえ、メール(s030999@koganei-shi.jp)、FAX(042-381-5281)、往復はがき(〒184-0012 小金井市中町1-11-3 小金井市立はけの森美術館)のいずれかで申し込み。申込締切は8月18日(金)必着