企画展「サムライの纏うもの」


林原美術館

〒 700-0823
岡山県 岡山市北区 丸の内2-7-15

公式サイト

期間

2018年04月21日~2018年06月17日
 [終了まであと25日]

内容

しがらみに纏わり付かれながら、信念を貫いたサムライは、生きるために様々なものを纏ってきました。着飾った装束や甲冑、陣羽織に始まり、火事の時には火事装束を身に纏って陣頭指揮をとっていました。また、物腰には所有者の教養の高さと精神性を、身だしなみを整える上で香を、戦に出たときのお守りとして御刀に神仏の加護を纏いました。さらに、嗜みとして、様々な古典を学び、芸能や武術にも長けていました。
これらの自身が纏うものに加え、馬に纏わせた鞍や鐙、火縄銃や御刀を保護するための鉄砲筒や刀筒も展覧いたします。
こうした、サムライたちが纏ってきたものをご覧いただくことで、今我々が纏っているものの意味を考える場を提供することができれば幸いです。

料金

一般 500円/高校生 300円/小中学生 無料
※友の会会員 障害者手帳提示の方・付添者:無料 団体(20名様以上):2割引

休館日

月曜日(祝日の場合は開館。翌日火曜日が休館日)

アクセス

JR岡山駅から徒歩25分
岡電バス 県庁経由 岡電高屋行県庁前下車徒歩3分
市内電車 東山行 県庁通下車徒歩7分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる