芹沢銈介の四季


静岡市立芹沢銈介美術館

〒 422-8033
静岡県 静岡市駿河区 登呂5-10-5 登呂公園内

公式サイト

期間

2018年04月10日~2018年07月01日
 [終了まであと39日]

内容

芹沢銈介といえば「春夏秋冬」の四文字が頭に浮かぶほど、芹沢は繰り返し四季を作品の主題にしました。芹沢にとって「春夏秋冬」とは、季節ごとに大きく変化する日本の美しい自然、そしてその中に暮らす人々の喜びを意味しているのでしょう。
 四季を主題とした作品には、「春夏秋冬文夜具地」のように「春夏秋冬」の漢字四字で表現したもの、また「文字入四季文二曲屏風」のように四季の文字や模様をまとめたもの、また「文字入四季文二曲屏風」のように四季の文字や模様をまとめたもの、「落葉文着物」のように四季いずれかをとりあげたものがあります。本展覧会では、こうした四季を主題とした芹沢の作品150点を展示します。
 展示室の後半3室には、芹沢銈介の工芸コレクションの中から、三春人形、相良土人形、花巻土人形など、日本の愛らしい郷土玩具70点を展示します。
 四季をテーマとした芹沢銈介の作品の世界を、どうぞ心ゆくまでお楽しみください。

料金

一般 420円/高校生・大学生 250円/小学生・中学生 100円/未就学児無料

※30名以上の団体は50円引

休館日

月曜日(4月30日を除く)、5月1日(火)

アクセス

●JR「静岡」駅より南口バス乗り場22番線から「登呂遺跡」行き乗車約12分、終点下車
●「静岡駅」南口からタクシーに乗車、登呂公園へ約10分
●東名高速「静岡I.C.」より約10分
※登呂公園南側に駐車場があります(大型バス11台、乗用車51台)

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる