吉村芳生と吉村大星 365日エンピツ画


ウッドワン美術館

〒 738-0301
広島県 廿日市市 吉和4278

公式サイト

期間

2018年04月27日~2018年07月01日
 [終了まであと39日]

内容

写真と見まがうような、いやそれ以上の現実感を湛えた独特の画世界によって、見る者に強烈なインパクトと感動を与える吉村芳生(1950-2013)。
その作品は、鉛筆や 色鉛筆を用いて、写真をマス目ごとに克明に写し取るという、まさに驚異的な手技によって生み出されています。その誰にも真似できないと思われる超絶技巧を、息子・吉村大星(1992-)は、独自の表現として深化させつつあります。主に野良猫をモチーフとした鉛筆画は、記憶や想いが時間とともに熟成し、客観的であると同時にある種のノスタルジーを感じさせるような独特の魅力に満ちています。
 
見るたびに新しい景色を見せてくれる吉村芳生。今まさに進行形の表現を展開する吉村大星。 出品総点数は、約80点。同じ手法で異なる境地を示す吉村親子初の規模となる競演をご覧ください。

料金

一般 1,200(1,100)円/高大生 510(410)円

※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料(要証明)
※( )内は有料入館者10名以上の団体料金および前売料金

休館日

月曜日(ただし4月30日は開館)

アクセス

中国自動車道「吉和I.C」より車で2分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる