イメージを織る タピスリー ―国境も時代も超えて、紡がれる人の営み


姫路市立美術館

〒 670-0012
兵庫県 姫路市 本町68-25

公式サイト

期間

2018年02月10日~2018年03月25日
 [終了まであと33日]

内容

様々な色を用いた羊毛や絹糸などの経糸を緯糸にかがり、絵や文様が織り込まれていくタピスリー。その起源は古く、綴織の技法という点ではグレコ・ロマン時代のエジプト、コプト美術にまでさかのぼることができます。同展覧会は、実業家兼コレクターとして活躍した松方幸次郎氏が収集した女子美術大学美術館の染織コレクション(旧カネボウコレクション)のタピスリー5点を中心に、その魅力に迫ります。

料金

一般 900(700)円/大高 600(400)円 中・小 200(100)円
※( )内は前売・20人以上の団体料金

休館日

月曜日、2/3(火)ただし2/12(月)は開館

アクセス

JR・山陽電車「姫路駅」より徒歩約20分、
神姫バス(3、4、5、61、62、64、81、82、84、86)乗車
約8分「姫山公園南・医療センター・美術館前」下車すぐ
【お車の方】
※美術館には駐車場はありません。近隣の有料駐車場をお使いください。

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる