平成30年新春展 -戌年にちなんで


八幡市立松花堂庭園・美術館

〒 614-8077
京都府 八幡市 八幡女郎花43-1

公式サイト

期間

2018年01月13日~2018年02月18日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

 初春の本展覧会は戊戌(つちのえいぬ)の年にちなみ、古くより身近に親しまれてきた犬の描かれた資料や、新年に楽しまれる遊具・歌留多につながる作品などを紹介します。また、近年の新収蔵品「寄木箱」を初めて公開します。同作品は松花堂流の書家・神立愚鈍(1714頃~1793)が所持したもので、様々な銘木を取り合せた寄木箱に蒔絵の施された珍しい一品です。愚鈍により「小倉山庄色紙和歌」や同じく松花堂流の書家・藤田友閑「詩歌巻」などとあわせてお楽しみください。
 そのほか、寒気のなか咲きほこる梅をのびやかに描いた中林竹洞「梅図」など、吉祥の趣きある館蔵品を中心に約40点を展観します。

料金

一般400円・学生300円・高校生以下無料
(20名様以上団体割引)
〈庭園共通券〉一般760円・学生570円

休館日

月曜日(2月12日は開館)、2月13日(火)

アクセス

・JR京都駅から近鉄電車で「丹波橋駅」で京阪電車に乗り換え
「八幡市駅」下車、路線バス(約45分)
・京阪電車「八幡市駅」または「樟葉駅」から路線バスに
乗車(約10分)、「大芝・松花堂前」停留所下車すぐ
・JR学研都市線「松井山手駅」から路線バスに乗車(約15分)、
 「大芝」停留所下車すぐ
・タクシーでは「八幡市駅」「樟葉駅」「松井山手駅」各駅から
 約5分~10分
・京都方面より:国道1号・八幡中代交差点より西へ約1.5km
 (車で約3~5分)
  /第2京阪道路「八幡東I.C.」より西へ
   約3km(車で約5~10分)
・大阪方面より:国道1号・八幡一ノ坪交差点
 西へ約1km(車で約3分)
 /名神高速道路「大山崎I.C.」より
  約5km(車で約15~20分)

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる