月岡芳年「月百姿」展


須坂版画美術館・平塚運一版画美術館

〒 382-0031
長野県 須坂市 野辺1386-8

公式サイト

期間

2017年09月28日~2017年12月25日
 [終了まであと10日]

内容

月岡芳年とし(1839-1892)は、幕末から明治前期にかけて活躍した浮世絵師です。1850(嘉永3)年、12歳で当時の人気浮世絵師・歌川国芳に入門し、1860(万延元)年頃より本格的に絵師として活動を始めました。過激な血の表現を用いた、いわゆる「血みどろ絵」をはじめ、歴史絵や美人画、役者絵、古典画などの多種多様な浮世絵を手がけ、各分野において独特の画風を見せながら、明治へと移り変わる激動の時代の中で、鮮烈な作品の数々を生み出しました。浮世絵が需要を失いつつある時代にあって、最も成功した浮世絵師であり、門下からは日本画家と洋画で活躍する画家を多く輩出した『最後の浮世絵師』と呼ばれています。画家としての活動は約33年間。その間に描かれた題材は500以上あり、芳年の生涯の制作作数は1万にも及び、葛飾北斎に次ぐ多作家でした。

料金

300円、中学生以下無料、20名以上の団体は2割引

次の方は入館無料となります。ご入館の際受付にお申し付け下さい。
○ 須坂市内にお住まいの70歳以上の方
○ 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方

休館日

水曜日

アクセス

・須坂長野東インターより5km(車で約8分)
・JR長野駅より長野電鉄特急15分、須坂駅下車タクシーで約7分
【駐車場】
有 30台

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる