特別展  唐物 KARA-MONO―中世鎌倉文化を彩る海の恩恵―


神奈川県立金沢文庫

〒 236-0015
神奈川県 横浜市金沢区 金沢町142

公式サイト

期間

2017年11月03日~2018年01月08日
 [終了まであと24日]

内容

大陸との交易は、中世都市鎌倉に陶磁器や書物、経典、墨などさまざまな「唐物」をもたらし、国際色豊かな文化を形成しました。「唐物」の受容は同時代に輸入された文物にとどまりません。北条実時は、入唐僧・恵萼(えがく)が平安時代に請来した『白氏文集』を写して創設した金沢文庫に収めました。また、中国の国際貿易都市・寧波(ニンポー)沖の普陀山は、恵萼ゆかりの観音菩薩像を祀ります。この普陀山観音は海上の守護として東アジア諸国で信仰され、鎌倉地方にも仏像や仏画が伝えられています。
 本展では、鎌倉文化の基層にある大陸への憧憬を国宝、重要文化財など約100点から探ります。

料金

一般 600円/20歳未満及び学生 400円/65歳以上 200円/高校生100円
※中学生以下及び教育課程に基づく教育活動として入館する高校生は無料
※障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、手帳提示で観覧料は免除(無料)となります。介助者の方1名も免除(無料)となります。

休館日

毎週月曜日(1月8日は除く)、11月24日、12月28日~1月4日

アクセス

・京浜急行「金沢文庫駅」東口より徒歩12分
・JR根岸線「新杉田駅」接続 シーサイドライン「海の公園柴口駅」より徒歩10分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる