冬の浜口陽三展 時の輪郭


ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

〒 103-0014
東京都 中央区 日本橋蛎殻町1-35-7

公式サイト

期間

2017年11月03日~2017年12月24日
 [終了まであと9日]

内容

 点の集積で彩られる画面──。
銅版画家・浜口陽三(1909-2000)の作品を間近で見ると、小さな点が寄り集まって色面を構成していることがわかります。一見すると筆で絵具を置いたような、ずっしりとした、しかしどこか手触りのよさそうな絵肌。
 浜口が情熱をかたむけたカラーメゾチントという技法──銅板の表面に、インクを詰めるための無数のまくれ(きず)をつけたのち、図柄を描き出すためにまくれを磨く。それを黄、赤、青、黒の版を4 枚つくる──は多大な時間と労力がかけられています。
 本展では銅版画約45 点と作品の細部を拡大した展示をします。何倍にも引き伸ばしたことで見えてくる貝の神秘的な形や、毛糸の柔らかな質感をご堪能ください。
私たちの気がつかなかった、静謐な作品の物語るささやかな声に、
耳をすませてみませんか。

料金

大人600円/ 大学・高校生400円/ 中学生以下無料

休館日

月曜日

アクセス

半蔵門線 水天宮前駅 3番出口 徒歩1分
日比谷線 人形町駅 A2出口 徒歩8分
浅草線 人形町駅 A5出口 徒歩10分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる