名所をたどる ―東海道五十三次のイメージ―


草津宿街道交流館

〒 525-0034
滋賀県 草津市 草津3-10-4

公式サイト

期間

2017年10月07日~2017年11月12日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

 「東海道」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょう。新幹線、浮世絵、ウォーキング、もしかすると、コレクションカード…?
 江戸時代の街道の中でも最もメジャーな存在である東海道は、現代の私達にも様々なものを思い起こさせます。中でも「五十三次」というフレーズは、東海道と切っても切れないものとしてイメージされるのではないでしょうか。
 当展では、江戸時代に生まれた、ひと連なりの「名所」としての東海道、そして「五十三次」のイメージを、草津市蔵の資料の中から浮世絵を中心に紹介します。

 また会期中、近接する史跡草津宿本陣では、宿場の風景をモチーフに、伝統的な縮景芸術である「盆石」を展示します。ぜひ、合わせてお楽しみください。

料金

大人200円(160円)、高校・大学生150円(120円)、小中学生100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※史跡草津宿本陣との共通券あり

休館日

10月10日・16日・23日・30日、11月6日

アクセス

・JR琵琶湖線「草津」駅より徒歩15分
・名神高速「栗東I.C.」、もしくは新名神「草津田上I.C.」より約15分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる