特別展「没後40年 幻の画家 不染鉄展」


奈良県立美術館

〒 630-8213
奈良県 奈良市 登大路町10-6

公式サイト

期間

2017年09月09日~2017年11月05日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

日本画家・不染鉄(ふせん・てつ 1891-1976)の没後40年を記念して、21年ぶりとなる回顧展「没後40年 幻の画家 不染鉄展」を開催します。

明治24(1891)年東京・小石川で生まれた不染は、画家を志して日本画を学び、大正7(1918)年京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学します。在学中に帝展で初入選を果たし、同校を首席で卒業するなど、一時は華々しい活躍を見せますが、戦後は画壇を離れ、奈良で飄々(ひょうひょう)と作画活動を続けました。

伊豆大島から京都、奈良へと各地を転々として過ごした経歴や、細密に描き込まれた富士の絵をはじめとする独特の作風から、これまで「異色の画家」とされてきた不染ですが、その画業には未だ不明な点も多い「幻の画家」です。

本展では、代表作や新発見の作品を含む絵画、焼物、絵葉書など約180件を展示し、詩情溢れる初期の作品から、「海」を主題として新たな画境を拓いた戦後、そして晩年の胸中を託した心象風景まで、およそ60年に及ぶ画家としての足跡をたどり、その魅力と特質に迫ります。

料金

一般800(600)円  高・大学生600(400)円  中・小生400(200)円
※(  )内は20名以上の団体料金

休館日

9月11日(月)、19日(火)、25日(月)、10月2日(月)、10日(火)、16日(月)

アクセス

【公共交通機関ご利用の場合】
 近鉄奈良駅1番出口から徒歩5分
 JR奈良駅から奈良交通バス県庁前下車、すぐ
【お車の場合】
 東京 名古屋より
 東名阪有料道路、名阪国道利用で天理インター下車
【京都より】
 京奈和自動車道または国道24号線利用
【大阪より】
 第二阪奈道路利用で終点宝来ランプ下車
 または西名阪自動車道利用で天理インター下車

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる