原子の現場


鞆の津ミュージアム

〒 720-0201
広島県 福山市鞆町鞆271-1

公式サイト

期間

2017年05月03日~2017年08月20日
 [終了まであと87日]

内容

本展は、原子爆弾で被爆した経験を持つ方や戦争経験者が自身の体験をもとに自作した創作をはじめ、直接の戦争経験はない世代の者たちが制作した核や戦争やその記憶にまつわる表現を展示するものです。
 ひとりの市民が現にこの世で体験した尋常ならざる現実にもとづく表現は、そこで感じられた「現場」の様子を伝えようとする一人称の伝言に他なりません。それは、不条理な仕方で奪われてしまった生の記録であると同時に、心に秘められている多様な想いや記憶を映し出す鏡でもあります。私たちは、自分が感じたことを直接には他者と分有できないという意味で、極めて「孤独」な存在と言えるでしょう。しかし、私たちはこの鏡を通じて個別の生とその記憶にふれることで、今ある言葉やかたちには現すことさえできないような空前絶後の現実を想像し、そのような経験を受け継いでいく機会を手に入れることができるはずです。
生の固有性をめぐるこのような交感を行う中で、私たちは互いの生を尊重し、共に在るための方法を考え始めることができるのかもしれません。

料金

無料

休館日

月・火曜日(ただし祝祭日は開館)

アクセス

JR福山駅から鞆鉄バス30分。「鞆の浦」下車徒歩5分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる