川端康成 美と文学の森


久留米市美術館/石橋正二郎記念館

〒 839-0862
福岡県 久留米市 野中町1015

公式サイト

期間

2017年04月01日~2017年05月21日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

『伊豆の踊子』、『雪国』などの名作を残し、日本人初のノーベル文学賞に輝いた川端康成(1899-1972)は、美術に大変造詣が深く、コレクターでもありました。そのコレクションは、油彩画、日本画、工芸などさまざまな分野に及び、同時代の作家の作品から縄文時代まで幅広い時代にまたがっています。この展覧会では、彼のコレクションを紹介するとともに、古賀春江や東山魁夷らをはじめとする画家たちとの交友、彼の文学に登場する画家や作品にも注目します。
美術と文学がひとりの作家の中で響きあう様子を体感していただければと思います。

料金

一般1000円(800円)、シニア700円(500円)、大高生500円(400円)、中学生以下無料
※( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上

休館日

月曜日(5月1日は開館)

アクセス

「JR久留米駅」「西鉄久留米駅」より西鉄バス1,7,9系統「文化センター前」下車、徒歩1分
「西鉄福岡」より「西鉄久留米」まで特急にて30分
九州自動車道「久留米I.C.」にて車で10分
石橋文化センター内に有料駐車場
最初の2時間までは200円、以後30分ごとに100円増
第1・第2駐車場合わせて、普通車220台・身障者用4台・バス5台
※大型バス・マイクロバスは、1回500円 最長1日まで

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる